利用者の立場を考えて寄り添ってくれる保険事業が好調で、着実に利用者を増やしています。

保険・金融事業

 

ソニー生命のライフプランナー

 

CMで見た記憶がある人も多いでしょうが、ソニーは保険事業も行っています。
ソニー生命という名前で事業を展開しており、遠い約束を守るのキャッチコピーがポイントです。

 

1981年にソニー生命は始まり、ライフプランナーが変えるの言葉を掲げて営業を行ってきました。

 

当時では斬新だったオーダーメイドの生命保険が新風を巻き起こしたものです。

 

多様化するニーズに応えられるように合理的な生命保険を提供するのがソニー生命です。
利用者の価値観や要望を的確に捉えて、人生設計を支える手助けをしています。

 

独自の採用基準でライフプランナーが選別されているため、品質の高いサポートが約束されているのです。

また、完全オーダーメイドのソニー生命保険も魅力的なアプローチとなっています。

 

その時に必要な保険を必要なだけ利用出来るので無駄な出費がありません。

ソニー損保でも同様で、自動車事故が起きた際の手厚いケアが約束されています。

 

24時間365日の電話受付を行っていますし、万が一の場合は示談交渉も代行するのです。
弁護士や医師とも連係するため、不要なトラブルを避けるのにも役立っているでしょう。

 

利用者の立場を考えて寄り添ってくれる保険事業が好調なのは当然です。
着実に利用者を増やしており、安定した黒字経営がされているのも特徴でしょう。

 

2014年には最高益を達成しており、家電等のイメージが強いソニーが金融にも参入したのは大きな話題になりました。

 

モノ作りが不振で赤字に陥った時も、金融事業が堅実に売り上げを出して支えていたのです。

 

このように、先を見越したソニー生命の戦略は見事にはまり、現在では1159憶円の黒字となっています。

 

ソニー損保保険も健闘しており、金融事業で一番の利益を上げています。
新しい物を作るだけでなく、新しいサービスを作る面でもソニーは優秀なのです。

 

既存の保険事業とは違う路線でのライフサポートを提案し、利用者の支持を集めています。
今は無い未来の価値を作るべく、ソニーの金融事業は日々進化しているでしょう。