ソニーが開発した4Kカメラは、CM撮影からドラマ撮影に至るまで各所で使われています。

放送・音響機材

 

ソニービジネスソリューション株式会社の機材

 

プロフェッショナルに向けた製品作りが、やがて利用しやすい一般向けの商品に組み込まれて販売されます。

 

テレビ放送や音響機材には、非常に多くのソニー製品が使われているのです。

 

最近では4Kの映像を作るプロフェッショナル機器として放送関係の機材が開発されています。

 

4Kの機材は映画製作の現場から各テレビ局での放送まで、幅広く利用されているものです。
ソニーが開発した4Kカメラでは、CM撮影からドラマ撮影に至るまで各所で使われています。

 

ただ単に解像度が高い訳では無く色彩や諧調に深さや表現力が従来よりも向上しているのです。
高品質のスロー再生なども行えるため、映像制作の付加価値も高まっています。

 

ソニービジネスソリューション株式会社2010年に設立された、比較的新しい事業です。
ソニーの最先端の放送、音響機材を利用した課題解決をサポートするための事業と言えます。

 

元々、カメラなどの映像で高い技術力を持っているソニーは、放送業界でもすぐに評価を高めます

 

4Kカメラでの放送からコンサート中継まで、汎用性の高い機材はどこからも欲しがられる商品です。時代の先駆けにもなっており、4K放送は日本から始まっています

 

ソニーは様々なノウハウを蓄積しており、アナログ放送からデジタル放送になった今も技術を溜め込んでいるのです。

 

映像がきれいなだけでなく、きれいな映像で何が出来るかを提供できるのがソニーの価値でしょう。

 

ライブ映像の配信でも活躍の場を広げており、4Kカメラの需要は高まっています。
今までは大規模な設備が必要だったライブ映像の収録も、4Kであれば少数で済みます。

 

繊細な映像は必要な部分だけを切り出しても十分な解像度があり、様々な要望に応えられるようになっています。

 

消費者に娯楽を届ける手助け、裏方としてもソニーは活躍しているのです。
直接ソニー製品を買わずとも、間接的に日々を潤すものに貢献しています。
企業理念にそぐわない社会への貢献が、放送や音響機材から見て取れます。

 

ソニーの音楽事業「ソニー・ミュージックエンタテインメント」についてはこちら